所沢メンネルコールの指導陣

所沢メンネルコールを支える素晴らしい指導者の皆さんをご紹介します。



指揮・歌唱指導
岩佐 義彦( いわさ よしひこ )
長野県出身。明治大学卒業。
発声・合唱指導法を二期会の荒木宏明氏に師事、荒谷俊治氏に指揮指導を受ける。
荒木宏明氏の勧めで1970年、男声合唱団「東京リーダーターフェル1925」に入団する。
以来、42年に亘り音楽面でターフェルを支え現在、特別会員・指揮者を務めている。
田中信昭・小林研一郎・松原千振・大谷研二・堀俊輔・大勝秀也等の練習指揮を務め研鑽を積んだ。 レパートリーは宗教音楽・ロマン派・ドイツ合唱曲・邦人作品・韓国歌曲と幅が広い。特に邦人合唱作品は 明晰な日本語表現と高い音楽性で評価を得ている。
海外演奏旅行は、ドイツ・韓国で8回に及び、各地で深い感銘を与えた。ディスクはデンオンレーベルで 「沙羅」(信時潔作曲)「壁きえた」(新実徳英作曲)を、他には「わらべうた」(長澤勝俊作曲) 「藤堂輝明の世界」等を指揮している。
現在、男声合唱団「所沢メンネルコール」指揮者。「ターフェルジルヴァーナ1995」「東京海洋大学・ 東京女子医大混声合唱団」常任指揮者等を務め、客演指揮や後進の指導に当たっている。
ピアニスト
大下 さや香(おおした さやか)
長野県出身。ドイツ国立ベルリン芸術大学ピアノ科卒業。 在学中より室内楽をはじめオーケストラなどにて活動。マーティン・ヒュース師より音色の美しさを学び、室内楽の実践経験より演奏上において共に呼吸を合わせ、共演者と一体化するパートナーとしての役割を重要視する。また、ドイツに於ける地域の音楽家との交流から本来の音楽の在り方に触れ、大きく影響を受ける。 (帰国後はミュージカル音楽部門を担当。) 現在は歌とのアンサンブルを中心に、人の心に沿った演奏を目指し活動中。 所沢メンネルコールの他、リーダーターフェル ジルヴァーナー1995等のピアニストとして合唱界でも幅広く活躍している。